イソフラボンとバストアップ

女性の多くの人は何歳になっても女性らしくきれいでいたいと思うでしょう。
女性らしさの象徴としてあげられるのが、バストです。
きれいなバストや大きさなど、バストに何かしらの悩みを抱えている人が多いです。
特にバストの中でも最も悩み事としてあげられるのが、バストアップしたいという意見です。
小さいことがコンプレックスで、異性だけではなく同性からの目線も気になるという人もいます。
夏になると露出が増えたり、体のラインがはっきりする洋服を着るときなどにバストの大きさが気になってしまいます。

そこでバストアップの方法の一つとしてイソフラボンの摂取がお勧めです。
イソフラボンは主に大豆に多く含まれる成分の一つです。
このイソフラボンがバストアップとどのような関係があるのでしょうか。

その前に胸の大きい人と小さな人はどのような違いがあるのでしょうか。
胸の大きさは乳腺細胞が多ければ多いほど大きくなります。
この乳腺細胞は乳腺を保護する役割があるため、乳腺が発達すると乳腺細胞が増えてバストアップにつながります。

そこで乳腺を発達させるために必要なものが、女性ホルモンのエストロゲンです。
エストロゲンは乳腺細胞を増やす働きがあります。
そのためエストロゲンを体内で増やすことで、バストアップに効果が期待できます。

イソフラボンの一番の特徴は、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるということです。
なのでイソフラボンを積極的に摂取すると、乳腺が活発になり乳細胞が増えてバストアップできます。
イソフラボンは大豆だけではなく、豆腐やみそ、きな粉、納豆などの加工品にも豊富に含まれています。
一日75mg以上、一日納豆2パック程度のイソフラボンを取り入れるようにしましょう

より豊富なイソフラボンを摂取したい人は、バストアップに最も効果が高いプエラリアのサプリメントがお勧めです。
大豆に比べると40倍ものイソフラボンを摂取することができ、バストアップ目的で人気が高まっています。