イソフラボンが齎す副作用

体にいいものはいくらでも摂取したいと思ってしまいがちです。
しかしどの成分でも一日に必要な摂取量が決まっています。
この基準値を超えてしまうと過剰摂取になってしまいます。
過剰摂取してしまうと、成分によっては悪影響を与えてしまうものもあります。
すぐに悪影響としてあらわれてしまうものもあれば、しばらくしてから体の異変を感じる場合もあります。

そこで体にいい成分として知られているイソフラボンの場合は、どのような副作用があるのでしょうか。
まずイソフラボンの一日の摂取量は75mgまでとされています。
過剰摂取してしまうとすぐに異変を感じる成分ではありませんが、長時間過剰摂取が続くと副作用が現れてきます。

イソフラボンは主に大豆や大豆の加工食品に多く含まれています。
豆腐や納豆、きな粉、油揚げ、おから、豆乳、味噌、醤油などの様々な食品に含まれています。
和食中心の食生活を送っている家庭では一日の摂取量をクリアしやすいといえます。

そこで過剰摂取してしまった場合どのような副作用がおきるのでしょうか。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることが特徴です。
エストロゲンを過剰摂取してしまうとホルモンバランスが崩れてしまい、生理不順や子宮内膜増殖症に危険性が高まります。
また女性ホルモンが増えすぎることで、乳がんや前立腺がんへのリスクが高くなってしまいます。

特にこのような過剰摂取http://www.kan-ya.jp/hukusayou.htmlになりやすい特徴としては、サプリメントの活用です。
イソフラボンのサプリメントは一日30㎎が上限となっています。
一日の摂取上限の半分を確保することになります。
さらに食事でもイソフラボンを摂取すると過剰摂取になりやすいです。

サプリメントに頼り過ぎず、一日の食生活を振り返ってイソフラボンが不足しているなと感じたときに摂取するなど摂取方法を工夫しましょう。
体にいい成分だからこそ、過剰摂取しすぎないように注意して摂取していきましょう。