イソフラボンと女性ホルモンの関係

女性は年齢を重ねれば重ねるほど、女性らしさを意識します。
それは若いころは何をしても、元気で若々しい体を保つことができました。
化粧をしたまま寝ても平気だったり、夜遊びしても翌日は元気に過ごせていました。
それが年齢を重ねるごとに、お肌の老化現象を実感してくるようになります。

また女性の場合、多くの人が妊娠や出産をする場合が多いです。
妊娠や出産によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまいやすいです。
閉経のころになると一気に女性ホルモンが減少して、ホルモンバランスを崩し更年期障害を生み出してしまいます。

女性ホルモンの分泌は、卵巣で排卵が正常に行われることで分泌されます。
なので女性ホルモンのバランスが崩れると、生理が不順になったり、肌荒れを起こしてしまいます。
また自律神経が乱れてしまい、イライラしたり、気分の浮き沈みが激しくなってしまいます。

女性の体を健康的で美しく保つためには、女性ホルモンを保ち続ける必要があります。
そこで女性ホルモンに似た働きをする成分を食事で補う必要があります。
その一つに、イソフラボンがあげられます。

イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
不足しがちな女性ホルモンをイソフラボンを摂取することで補うことができます。

イソフラボンが含まれている食品として代表的なのが大豆です。
大豆イソフラボンが豊富に含まれていて、和食にも多く使用されるため、日本人には親しみが強い食品です。
大豆で摂取する場合は、メニューに限りがでてきてしまいますが、大豆加工品でも摂取することができます。
例えば、豆腐やおから、油揚げなどにも含まれています。
身近な食品で意外なものとしては、味噌や醤油、納豆などの大豆発酵食品にも豊富に含まれています
なので一日の摂取量は補いやすいといわれています。
しかし日本では和食以外の洋食を食べる家庭が増えてきているため、イソフラボンが不足しがちになっています。
毎日の食生活で和食を意識するだけで、イソフラボンを積極的に取り入れることにつながります。