イソフラボンと骨粗鬆症

年齢を重ねるごとにどうしても起きてしまうのが老化現象です。
老化現象の中でも、体の変化は日々の生活に大きな影響を与えます。
体が思うように動かなくなると、生活に制限が出てしまったり外出することが少なくなってしまいます。

体が元気な状態を保つためにも、丈夫な体を作り上げなくてはいけません。
その一つとして重要なものが、丈夫な骨を保つことです。
骨は体を潤滑に動かすためにとても大事な働きをしています。

骨の老化現象としてあげられるのが、骨粗鬆症です。
骨粗鬆症とは、骨の内部がすっからかんになってもろくなってしまう病気です。
骨粗鬆症になってしまうと、日々の生活で転倒したり急に手をついたり骨に衝撃が加えられると、ひびが入ったり骨折してしまいます。
骨折以外にも背骨が変形してしまい猫背がひどくなったり、肺や心臓などの臓器を圧迫してしまいます。

このような症状を未然に予防するために効果的なのがイソフラボンの摂取です。
イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあります。
エストロゲンは骨の内部にあるカルシウムの流出を防ぐ効果があります。
なので骨の内部がもろくなることを防ぐことができます。
さらにエストロゲンには、骨の形成を促進する効果があります。
予防だけではなく骨に対していい効果も同時に得られます。

骨粗鬆症は女性の方がなりやすいといわれています。
それも男性よりも女性ホルモンの影響を受けやすいためです。
閉経後になると一気に女性ホルモンの減少が進むため、イソフラボンを摂取して骨粗鬆症予防をしましょう。

イソフラボンといえば、大豆加工品から摂取することができます。
例えば、豆腐やみそ、納豆などがあげられます
これらの大豆加工食品にはカルシウムの吸収率をあげるビタミンKが含まれています。
イソフラボンと同時に大豆加工食品に含まれる栄養素も摂取できるため、より骨粗鬆症に効果があるといえます。
元気な頃から意識して食生活の改善をすると、骨が丈夫で健康的な老後を送ることができます。