イソフラボンの摂取量に関して

私たちの体を健康に保つために効果的な成分として、イソフラボンがあります。
よく耳にしたことがある人も多い成分ですが、主に大豆に多く含まれています。
大豆イソフラボンには、健康維持や生活習慣病の予防、ダイエット効果、美容効果など多くのメリットがあります。
なので毎日積極的に摂取したい成分といえます。

大豆というとすぐに思い浮かぶレシピが少なく、毎日は取り入れにくいと思う人も多いでしょう。
しかしイソフラボンは大豆加工品にも豊富に含まれています

大豆の加工品といえば、豆腐、おから、油揚げ、厚揚げ、豆乳、きな粉などがあります。
その他にも発酵食品では、味噌、納豆、醤油などにも含まれています。
このような食品を含めると、イソフラボンを毎日摂取しやすいと思うのではないでしょうか。

そこで実際一日に必要なイソフラボンの摂取量はどのぐらいなのでしょうか。
一日の理想の摂取量は約75mgといわれています。
75mgのイソフラボンを摂取するためには、食材に例えるとどのぐらいなのでしょうか。
例えば、納豆でいえば1日2パックで70mg補うことができます。
豆腐であれば1日1丁で80mg、豆乳は200gパックを1日に2本摂取すると82mg摂取できます。

このように食材に置き換えて考えると、毎日の食生活でイメージがしやすいでしょう。
どれも取り入れやすそうですが、毎日取り続けるとどうしても飽きてしまったり、途中でやめてしまったりする人もいます。
メニューも限られてしまったり、いろいろな食材との組み合わせを考えてメニューを決めるが大変と感じる人もいます。

そこでよりイソフラボンを簡単に摂取する方法として、サプリメントの活用がお勧めです。
サプリメントではイソフラボンの摂取量が1日30㎎と決められています。
なので1日の摂取量の半分を補うことができます。
そこりは納豆1パックや豆乳1パックなど簡単に摂取しやすくなります。
毎日の負担も減り、毎日欠かさず摂取することもできます。
イソフラボンを含んだ食材を意識して、1日の摂取量を補っていきましょう。